カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

非加熱製造

今、お使いの化粧品にあなたは完璧に満足していますか。


高い化粧品を使いながら十分な満足を得られず、不満をお持ちの方が多いのが現実です。


今までに何種類もの化粧品をお使いになられた方は多いはずです。


しかし、どれも似たような感じで、どの化粧品にも大きな差を感じられなかった方が多いのではないでしょうか。


それも、そのはずです。


実は、どのメーカーのどの化粧品も、同様の製造法をだからです。


わかりやすくいえば、


「どの化粧品も作り方が同じなのです。」


作り方が違えば満足が得られるのでしょうか? 


その通りなのです!!


エテルノ社で製造している化粧品は、今まで何十年という昔からの古典的な製造方法とは 「 根本的に違う 」 作り方をしています。


いったい、なにが、違うのか? それは、 


「 加熱しない 」 のです!!


今までの化粧品は、70℃以上という高温で製造されています。


それは50℃とか、70℃以上の高温でないと溶けない固形油を使用しているからです。


それって、問題なの?


と思われる方もあるかもしれません。


これが、問題大有り(おおあり)なのです。


なにが、問題なのか。


この問題は医師や歯科医の先生方と共同開発することで問題をクリアーしましたが・・・。


実は、高温で製造すると3つの大きな問題が発生します。


● 一つ目は、高温で溶ける油を使用するとお肌の温度である36度では


油がラードのように固まってしまうのです。


● 二つ目は、このような油をクリーム状にするためには、強力な界面活性剤を使用しなくてはいけないのです。界面活性剤は油を溶かすものです。


私たちの細胞は油の膜できています。


細胞の油が溶ける危険にさらされることは好ましいことではないのです。


● 三つ目は、有用成分も同様に加熱されてしまうということです。せっかく、高価な有用成分を化粧品に添加しても、その成分が加熱されて有用性を失ってしまったら、何のために化粧品を買っているのか意味がなくなってしまうからです。


このように、化粧品を加熱して製造することは、皆さんの毎日のお肌のケアーに決定的な問題を生じさせることなのです。


エテルノでは、このような加熱の問題を専門家の協力により一気に解決しました。


エテルノの化粧品では30℃以下での低温製造を行います。


そして、これを実現するために新しい技術を多く取り入れています。


エテルノでの製造方法は、「 低温製造法 」です。


これを用いることにより、化粧品の油分に固形油を使用する必要性を無くしました。そして、エテルノ化粧品に使用している油分はお肌の36℃で水のように流れる植物性スクワランを使用しています。この大きな違いが分かっていただけるでしょうか!!?


これらを実現するためには、強力な界面活性剤に替わるクリーム製造法が必要でした。これを可能にしたのがゲル化技術です。


コットンが水分や油を吸い取ることができるように、ジェル化の新技術を使用すると水分と油分を同時に安定化させるクリームを作ることができます。


エテルノ化粧品は、この新技術を使用して困難な問題を解決しました。


さらに、低温で製造をおこなうため、有用植物エキス、有用成分に余分な熱を加えることが一切なく、有用性をそのままに製造することが可能なのです。


しかも、製造時には、酸素の混入による酸化を抑えるために、

「 真空 」


の状態で製造しています。これで油分や有用エキスの酸化を真空パックのように抑えることがデキルのです! すばらしい製造法と思いませんか?

化粧品

ページトップへ