カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

良い化粧品、悪い化粧品

若々しさを実感

良い化粧品、悪い化粧品

〜 若々しさを取り戻す化粧品を選ぶ7つの判断基準とは!! 〜

手

知られざる化粧品の 裏の真実 

本来、お肌は、柔らかく、白く、美しいものです。

しかし、手入れをしているにもかかわらず、なぜ、年々、衰えが目立ってくるのでしょう? 

「年齢のせい」 「年を取ったから仕方がない」とあきらめていませんか?

もし、若々しさを取り戻す “ ミラクル ” な方法があったとしたら、あなたなら、どうされるでしょうか。

専門家から見ていると、とても多いのが、化粧品の“ 選び方 ”の過ちです!!

えっ! と驚きの声が聞こえてきそうです。

実は、専門家の視点からみると、間違っている化粧品選びが多いのです。

あなたが、最後まで読み終えられた頃には、良い化粧品と悪い化粧品の明らかな判断基準をご理解していただけているでしょう。

そのことを最初にお約束いたします。

こんな方法があったら、もっと早く知っておきたかった!

あなたは、今までにどのくらいのお金を化粧品に使われたでしょう。

20代からお化粧をしはじめ、現在までにどれだけの費用をかけられたでしょうか。

たぶん、人には言えない金額でしょう。

みなさん、そうですから。

ただ、このような努力があったからこそ、現在のお肌が維持できているのです。

しかし、・・・・・。

もっと努力が劇的に報われる方法が、他にあったとしたら、どんな気分でしょう? その方法で、お肌を美しく保ち得している人が他にいたら、

その方法を、ぜひ、知ってみたいと思いませんか?

さらに、あなたのお使いの化粧品が、もし、有用性の低いものであったとしたら、どうお感じになるでしょうか? 

他の方法で、あなたと同じ年齢なのに、10歳も若く見える人がいたとしたら・・・。

今から、お話しする内容は、その秘密についてです。

悪いことに、世の中には単に効果が低いだけでなく、お肌にダメージを与える心配のある製品が存在しています。

これは、冗談でも、お隣の家の話しでもありません。

毎日、あなたが実際に使用されいるお化粧品で起きていることかもしれないことなのです。

化粧品の基礎から学んだ専門家にとって、このような可能性のある化粧品があることを、悲しいながら認めざるをえません。

では、そのような事態をどう防いでいけばいいのか。

どのような化粧品が実際に私たちのお肌をイキイキと若々しくさせてくれるのでしょうか。

その見分け方をお教えしたいと思います。

化粧品の業界関係者が、あなたには決して語ることない、公にできない業界のタブーとは・・・。

これを知れば、あなたは、もう、化粧品の内情を知ったプロと言えるでしょう。 

このような知識を身につければ、(少なくとも)あなただけは、美しく輝いた肌を取り戻せることでしょう。

そして、悪い化粧品などを簡単に見分けられるような実力が身につくと思います。

では、これから、みずみずしく若々しい肌を取り戻す秘密の旅に出かけましょう!! (次に同窓会へ出席した時、友人の驚く顔を見られるようにしましょう。)

若々しいお肌にもどすための秘訣とは・・・!!

お肌を若々しくよみがえらせる第一歩は、シンプル、かつ、とても重要です!

その第一歩とは、『 危険な化粧品を自分から遠ざけること 』です。

本来、女性の肌はとても美しいものです。

問題なのは、その再生能力を妨げている原因です。

その原因について、化粧品の関係者は、今まであなた方に教えてこなかったのです。

あなたの美しいお肌の再生能力を妨げている一番の要因になっているもの。

それは、“化粧品”そのものかもしれないということを・・・です。

もし、そのような可能性があるとしたら、どうすれば良い化粧品と、悪い化粧品を見分けることができるのでしょうか。

悪い化粧品も表面的には良い姿を装っています。ほんとうのところを賢く適確に見抜いてゆく必要が私たちにはあるのです。

悪いものには、どんなに偽っても隠せない特徴があります。悪い化粧品は外装を飾っても隠し切れない特徴があるのです。

あなたの使っている化粧品を、いますぐチェックしてください!!

悪い化粧品の特徴とは、

安い成分をフンダンに使っているということです。

  ↓

そして、それは表示を見ることで知ることができます!!

では、どの成分が安い原材料なのでしょうか。

厳選された本物とは対極の成分とは、どのような成分でしょうか。

安物原料こそが、まさしく、善良な女性をだます究極の敵と言えるのです!!

この成分に要注意

絶対に騙(だま)されてはいけない成分は、

.札織痢璽

▲戰悒縫襯▲襯魁璽襦        です。

これらの成分は、安い固形油で、究極の安物成分です。

このような成分を塗っていたらあなたのお肌に明るい未来は来ません。

なぜ悪いのでしょうか? 

それを、しっかり見極めていきましょう。

悪い成分に騙されないで!

このような安い固形油は、クリームを作るときに多用される成分です。

安いうえに、クリーム的には安定したものができるからです。

このような成分は、お肌の水分を飛ばしません。

これは、一見、リッチな感じを与えます。

悪い化粧品も最初の感触はいいのです。

そして、後から本性を現すのです。

どんな本性でしょうか? 

それを、じっくり見ていきましょう!

最初にリッチな感触、保湿力、しっとりとした感触を与えるのが油性成分(オイル)です。

このオイルが、37℃以下で固まってしまうことが問題です。

私たちの肌の細胞は37℃以下です。

水のように流れる油分しか、健康なお肌の維持に使用できません。

一般に化粧品に使用されるこれらの油分は、50度〜70度の高温でないと溶けないのです。

まるでプラスティックのようにお肌の代謝を妨げてしまいます。

最初は、肌によさそうに感じる成分が、のちに肌の代謝を妨げ、私たちの肌から若々しさを奪っていくとしたら・・・。

このような油を、自分のお肌に毎日塗る危険性を想像してみてください。

もし、このような油を20年も塗り続けていたら、もともとキレイな肌であってもダメージにより徐々に活力を失っていってしまいます。

でも、安心してください。

そのような成分を使うことをやめ、本当に若々しさを取り戻すために役立つ油分を補給すれば、あなたの悩みは解決することができるのです。

さらに悪い成分!

さらに、気をつけなければいけない油があります。

それは、ミネラルオイルです。

ミネラルオイルに、紫外線(太陽光)があたると発ガン性化学物質ができてしまいます。

それがあなたの顔の上で起きるのです。

もし、ガンにならなくても、ホクロやシミ、くすみの重大な原因となります。

ミネラルオイルは、以前、「流動パラフィン」と呼ばれていた成分です。

機械油を精製したもので、お肌に良い訳がありません。

精製をしたものといっても、高いお金をわざわざ払って、自分の肌に機械油を塗る理由は見つかりません。

専門家の視点から見て、もう、ほんとうに腹ただしい限りです。

気を付けていただきたいのが、この油は様々な名前で呼ばれるということです。.潺優薀襯イル、

⇔動パラフィン、

9枴油、

ぅ戰咫璽イル

これらの名前は、すべて同じ油の呼び名だけが変わったものです。石油由来の発がん物質を生成する成分を勝手に「ベビーオイル」などと呼んで、赤ちゃんにも使わせています。このような危険な油をです。

製造責任者は自分の行為が恥ずかしくないのでしょうか。

プロとしての誇りやモラル、責任といったものは感じないのでしょうか。

このような現実をみると腹ただしさのあまり怒りが抑えられなくなります。

この油を自分の子供やパートナーが使うところを想像してみてください。

もう最悪です。

ミネラルオイル=ベビーオイル=鉱物油=流動パラフィン

ここまで書けば、善良で知的な方は化粧品選びの重要性を理解していただけたのではないかと思います。

この続きはこちらへ

水道水に、いくらお金を払いますか?

化粧品

ページトップへ