カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

体内環境の不思議 教えてQ&A

Q.体内環境は健康や若々しさに関係がありますか?

A.まず。現代人の便が、なぜこれほど臭い(くさい)のかを考えてみましょう。

簡単に言えば、食べた食品が、体内で一種の腐敗を起しているのが原因です。腐りかけているということです。このような状況は異常な状況といえます。体内環境の悪化は、様々な不調や問題の引き金や悪化因子です。体内環境が乱れた悪玉便では悪臭がし、体内環境が良好な善玉便は無臭または微香です。

たとえていえば、腐った生魚とカツオブシに関係が似ています。魚が腐ると強烈な腐敗臭がしますが、これは腐敗菌により魚が腐ったことが原因です。一方、カツオブシは善玉菌により発酵したもので悪臭はしません。日本の食卓には欠かせない調味料であり、良い香りとよい味がします。

悪玉菌と善玉菌の増殖では、これほど大きな差が生まれます。

このことは、あなたの体内で実際に日々起こっていることです。悪玉環境か善玉環境かは、あなたの健康や寿命、そして、美容と若々しさに大きく関わります。あなたの体内環境を生涯、善玉環境に保っていくことは、とても大切で素晴らしい健康習慣となるでしょう。

Q. 便のニオイが消えた!? どうしてでしょう?

A.体内環境が善玉化すると、便臭は無臭か微香となります。

Q.オナラがたくさんでるのですが…。

A.体内環境が悪玉菌から善玉菌に変化するときによく起きる現象です。

焼き芋を食べてオナラがでるのも、サツマイモの含まれる食物繊維の作用で、体内菌が活性して起きる現象です。

良いウンチは、やわらかく、水に浮くといわれます。それは、便の中に微細なガスが発生しているためで、その作用により、やわらかく、軽い便になります。

オナラの種類には3つあって、,箸討盻いタイプの悪臭屁、⊇いはあってもすぐに消える中性屁、臭いのまったくない善玉屁、に分けることができます。

^臭屁は、トイレ全体が臭くなるほどの悪臭で、体内環境が悪玉化していることで、硫化水素やインドールなどの有害ガスが発生していることが悪臭の原因です。

A蔚盲は、炭酸ガスなどを多く含みます。炭酸ガスはビフィズス菌などを増やす有益ガスです。便が腐敗化していないため、匂いがほとんどありません。ビフィズス菌の増殖には、炭酸ガスが必須で、炭酸ガス欠乏状態では、ビフィズス菌は増殖できません。体内環境が善玉化してくると、便は適度にやわらかく、オナラもでなくなってきます。不思議なことですが、オナラは善玉環境と悪玉環境がせめぎあっているときに多くでるようです。体内環境は、目で見ることはできません。しかし、お腹のなかでは、常に善玉菌と悪玉菌が壮絶な戦いを繰り広げています。オナラは、その状況をあなたに見せてくれているのかも知れません。

Q.オナラは臭い(くさい)のですが、便自体はあまり臭くありません。オナラがくさいのに、便は臭くないことがあるのはなぜでしょうか?

A. 善玉環境に変化しているときによく起きる現象の一つです。

便が善玉状態のときは、便が強く臭うことはありません。

良い食物繊維や良いオリゴ糖を摂りはじめると、ビフィズス菌の増殖に役立つ善玉ガスが発生します。そのため、オナラがでやすくなる人がいるようです。そのような時期には、体内は完全に善玉化していないため、体内に残っている悪玉菌の産生する揮発性物質が、善玉ガスに混ざって排泄されます。そのため臭いオナラと感じます。しかし、便自体は善玉化しつつあるために便はあまり臭くないという不思議な現象が起きるのです。完全な善玉環境に移行すると、便もオナラも臭くありません。一方、悪玉環境では、便もオナラも臭く、しつこくベタつくような悪臭がします。

善玉化に移行しつつあるオナラは、悪臭がしても比較的にサラッとした匂いとなります。ベタつくような感じはありません。

このように、オナラや便の匂いは、体内環境のバロメーターです。オナラや便の匂い、そして、便の色をチェックすることで、毎日、自分の体内環境を知ることができます。また、家族の体の不良や危険なども、家族が使用した後のトイレの便臭の強さでチェックすることができます。

家族の間でも便の色は見るわけにはいきません。でも、便臭はトイレに残ったニオイの度合いで正しく知ることができます。体調の悪化について、なにも語らない家族の健康チェックと、大変な事態が起きる前に家族同士がお互いに健康管理として利用することができます。

これから、家族のオナラやトイレ後の匂いに注意してみてください。

Q.便が暗褐色から明るい黄色に変化しました。なぜ、でしょうか?

A.不健全な便は、重い暗褐色をしています。健康な便は、明るく軽い黄色をしています。

重大な問題をもつ人の便は、強い悪臭を放ち、暗褐色をしています。みなさんの過去を振り返っても体調の悪かったときは、便が臭く暗褐色であったと思います。一方で、健康なときは、においも少なく、黄色い、明るい便です。

長い間、ニオイが強く暗褐色の便の人は、相当の注意が必要です。ほっておくと取り返しのつかないことになるかもしれません。体内環境の悪化は、様々な不調や問題の原因や促進のきっかけとなるからです。

健康な人の便は、明るい黄色をしています。

Q.野菜で食物繊維をたくさんとればラクトセブンの代わりになりますか。

A.残念ながら、代わりになりません。野菜をたくさん摂っても便のニオイや色はあまり変わらないと思います。一口に食物繊維といっても繊維には多くの種類があります。そのなかにはビフィズス菌を増やす作用のない単なる繊維質も多くあります。その繊維の代表はセルロースです。セルロースは食物繊維のなかで最も多く含まれる中心成分ですが、この繊維には善玉菌のビフィズス菌は利用しません。ただ、お通じをラクにする有用性はあります。

食物繊維の大半はセルロースですが、残念なことにセルロースには、善玉環境に変える力がほとんどありません。たとえば、みなさんがキャベツをたくさん食べでも、翌日に便臭が激減することはありません。

それは、食物繊維と一口にいっても、さまざまな食物繊維の種類があるからです。食物繊維の代表はセルロースですが、善玉ビフィズス菌が利用できない繊維栄養素です。善玉ビフィズス菌を増やしたい場合は、そのような有用性を持つ成分を摂る必要がある訳です。

では、理想の食物繊維とは、なんでしょう。

体内環境に有用な働きをし、あなたの健康に役立つ食物繊維はどこにあるのでしょうか。できれば、善玉菌のみを増やし、悪玉菌は増やさない食物繊維を摂りたいものです。このような食物繊維は、主に「“ヘミ”セルロース」のなかに含まれています。この中でも特に注目されるのがキシラン食物繊維です。キシランはキシロースという木糖からできています。みなさんは虫歯予防で有名な「キシリトール」のことを聞かれたことがあるでしょう。キシリトールは砂糖並みに甘いですが、口の中で悪玉虫歯菌のエサになりません。そのため、歯はいつまでも健康に保たれます。このキシリトールは、有用なキシラン食物繊維の構成成分のキシロースを還元したものです。キシロースは悪玉菌のエサにならない特別な性質をもっています。しかも、善玉菌のビフィズス菌はエサとして利用し、増殖することができます。まるで、あなたの体内環境を守るために自然があなたに与えてくれた成分といえます。

ラクトセブンには、この有用なキシラン食物繊維をオリゴ糖にまで酵素分解したキシロオリゴ糖を使用しています。キシロオリゴ糖は、キシラン食物繊維より善玉菌を活性化させる力が強く、木糖のキシロースよりも悪玉菌に使用されにくい成分です。また、オリゴ糖なので体内に吸収されることなく、大腸のビフィズス菌のもとにダイレクトに届きます。

Q.オリゴ糖と食物繊維の違いを教えてください。

A.食物繊維よりも有用性を高めた成分が、オリゴ糖です。

食物繊維は数千個の成分が連なった高分子で、善玉菌にはなかなか利用することができません。分解をしている間に便と一緒に排泄されてしまうのです。一方、オリゴ糖は10個以下の分子にまで小さくしてあるため、速やかに善玉菌を活性化させます。

もうひとつ、オリゴ糖と食物繊維には大きな違いがあります。オリゴ糖はビフィズス菌を活性化させることを基準に作られています。しかし、重要なことはすべてのオリゴ糖はビフィズス菌を増殖させますが、「悪玉菌も一緒に増殖させてしまうという盲点」があるということです。オリゴ糖の選定基準に悪玉菌は増やさないという検査項目が実施されていないのです。ですから、みなさんがオリゴ糖を配合した商品を使用しても変化を感じられない大きな理由のひとつはここにあります。

研究者のあいだでもほとんど知られていませんが、悪玉菌にほとんど利用することができない理想的なオリゴ糖が発見されています。

それがキシロオリゴ糖です。これほど有用なオリゴ糖であるにも関わらず、専門家にもほとんど知られず、存在しています。

ラクトセブンには、このキシロオリゴ糖を使用しました。これが他のどの食品よりも早く有用性を実感できる理由となっています。

Q.市販のビフィズス菌や乳酸菌とどう違うのですか。

A.有用な体内細菌群は、9属(7属ともいわれる)見つかっています。そのうち、善玉細菌として利用が可能なのは、世界で7菌属あります。世界から集めると7菌属すべての有用菌を利用できます。しかし、現在、市販の製品には、1属、多くても3菌属程度しか有用菌が利用されていません。

有益菌のすべてを使用した製品がないのです。そこで、有用菌7属すべてを活性化する製品をつくることになりました(ラクトセブン 香黄)。この開発には、医師などの医療関係者の要望を大幅に取り入れたため、今までにない画期的な製品となっています。 このことが他の製品と大きく異なる点といえます。

Q.朝スッキリを実感する理由を教えてください。

A.朝スッキリを実感する秘訣は3つです。

  ‖瞭發凌緤量を高めること

  体内で、酢酸、プロピオン酸などの酸が生成されること

  B瞭發如▲スが生成されること

です。

水分を高めると便が柔らかくなるので、朝スッキリを実感できます。そのために、水分や食物繊維の摂取が勧められます。

しかし、これだけでは、朝スッキリは実感できません。体内に酢酸、プロピオン酸などの酸が生成される必要があります。これらの酸は弱まった体内の働きを活発にします。もうひとつ重要なのが、体内容物中の微細なガスです。微細ガスは固形物のあいだに入り、空気のクッションとして便をやわらかくします。また、そのことにより便が軽くなります。

このような状態に役立つのが、オリゴ糖と善玉細菌群です。オリゴ糖は便の水分量を高め、善玉菌との協力で有用な酸をたくさん生成し体内の働きを活性化します。善玉菌群は便をやわらかくする微細ガスを作り出してくれます。このような体内環境が整うと毎日、快適な朝の時間をむかえることができるようになります。それにともなって、朝スッキリや健康を維持できるようになるでしょう!!

ページトップへ