カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

一生使い続けたいコスメは、これ 香輝彩(こうきさい)コスメの秘密

一生使い続けたいコスメは、これ!!

香輝彩(こうきさい)コスメの秘密

〜徹底的にこだわり抜いた一品〜


ジェモセラピー(Gemmotherapy)

昔から、貴重な財産として価値があった宝石(Gem、ジェム)。
宝石(ジェム)の語源は、ラテン語のGemma(ジェンマ=芽)からきています。

ジェモセラピー(宝石) ジェモセラピー(宝石) ジェモセラピー(宝石) 

欧米では、萌芽(ほうが=新芽)の高い生命力を活用したセラピーが古くから研究されてきました。

これはジェモセラピー(ゲモセラピー、Gemmotherapyなど)と呼ばれています。

ジェモセラピーとは?
ジェモ(Gemmo)とはラテン語で「つぼみ、新芽」という意味です。
この言葉からもわかるように、ジェモセラピーでは成長過程の木の新芽や植物のつぼみを使います。

エッセンスは、採取されてすぐの新芽やつぼみを液の中に浸して作られます。

ジェモセラピー(新芽) ジェモセラピー(新芽) 
 ジェモセラピー(新芽) 

新芽のブナのもつ有用性
ジェモセラピーの中で、特に生命力が強く、高い細胞代謝があることで『永遠の若々しさを保つ樹』と言われ、
その高い有用性を持つのがブナです。
たとえば、ブナの木に耳をつけると「ゴーッ」という音が聞こえます。
この音は地中から勢いよく水を吸い上げることで生じます。

日本でもブナは有名で、白神山地のブナ原生林が"世界遺産"に指定されています。
森を守る大切な樹木として日本人に愛されてきたブナが、欧米ではブナを使用したジェモセラピーとして
使用されています。

ジェモセラピーは、植物の発芽時に含まれるエキスおよびエネルギーを活用します。
目的に応じて植物を選択していきますが、女性のお肌のためにフランス ガテフォセ社がたくさんの植物の中から
厳選したものがブナ新芽です。
一度、これを実感したら、有用性は忘れられません。

ヨーロッパのホメオパシーから、ジェモセラピーは派生しました。
発芽、あるいは、成長中の若芽には成長してしまった時には含まれない有用な物質が多く含まれています。
ジェモセラピー・エキスは、これらの物質を多く含む若芽のエッセンスを保存したものです。

1950年にヨーロッパで、ジェモセラピーの研究が始まりました。
1971年にフランスで公表されて以来、四半世紀にわたりヨーロッパで使用されてきた実績があります。
新芽エネルギーを活用するナチュラル・セラピーとして、健康の活性化を目的としています。

なぜ、新芽なのか!?
生命を誕生させるエネルギーを秘めた種子は、発芽から新芽に伸びていく瞬間に、
全生命のなかで最大のパワーを発揮します。
新芽は生命そのものです。
生命が目覚めた時の新芽の活力はエッセンスを凝縮し、エネルギーの宝庫です。それをジェモセラピーは利用します。
ジェモセラピーは、欧米では生命エネルギーを凝集した新芽を使用することで有名なナチュラル・セラピーです。

ジェモセラピー(新芽)


Buds of Fagus
sylvatica,
Beech Treeの芽

ジェモセラピー(新芽)


Catkin of Salix alba,
White Willow
WhiteWillowの花

ジェモセラピー(新芽)


Bud of Juglans regia,
Walnutの芽


ソフトな活性剤
お化粧品のクリームや美容液などを作る時に乳化成分を使用します。
しかし、この乳化成分を工夫すると、さらにお肌にソフトな仕上りにすることができます。

クリームを作るには、"界面活性剤"を使用する方法と"ゲル化"する方法があります。
界面活性剤の最もナチュラルなものは、石鹸やレシチンです。
ローマ時代は石鹸をオリーブ油から作っていました。
レシチンは卵に含まれる成分でマヨネーズを作るときに有用な成分です。

このように自然な界面活性剤のやさしく、そして、その有用性に昔の人たちは古くから気づいて使用していました。

ここ数十年は、強力な界面活性剤の開発が盛んにおこなわれました。
ただ、あまりにも強力な界面活性剤は、お肌にはあわないという方がいらっしゃいます。

洗濯石鹸を使ってクツを洗ったり、強い台所用洗剤を使ったりすることで"手荒れ"が生じるという方のも、
強い界面活性剤が合わない方であるかもしれません。

歯をみがいたあと、食品を摂ると味覚が変になるのも、歯磨き粉に含まれる「ラウリル硫酸ナトリウム」という
界面活性剤が、あなたの味覚細胞の働きを弱めているからです。

このように、強力な界面活性剤が使用より、よりソフトをお求めになられる方が多くなってきています。

化粧品のなかには、いまだに強い界面活性剤が使用されることがありますが、製造元のエテルノ社は、
女性のデリケートなお肌にソフトなものを使用し、製造法にこだわった製品作りを行っています。
良い成分を厳選して使用することと、よりソフトな原材料を使うことの2つの面に配慮し続けています。

ソフトな活性剤 


美味しいプリンに、スパイスを入れる人はいないと思います。
プリンに合うものはスパイスではなく、丁寧に作られたカラメルだと思います。
スパイスを入れるような製法や原材料にはノーと言い続けたいと考えています。
それは、だれよりもご使用になられるお客様のお肌のことを考え抜いているからです。

エテルノ社では、界面活性剤を使用する厳しい基準を適用しています。

その基準は、
1、細胞膜を壊さない(壊しにくい)。
2、たんぱく質を変性(変な形に)しない。
という2点がポイントとなります。

お肌にソフトなのが、よい活性剤ということです。


エテルノ社では、強力な界面活性剤を使用しない努力を日夜続けています。

特に、注意している点は 上記のほかに、

3、日光(紫外線)にあたると、化学変化を起こしてしまう成分が使用されている可能性がある界面活性剤は
使わない。

4、活性剤が作られるときに触媒が使用されます。このときに予想外の物質が作られる可能性があるので、
そのような想定されない成分が混ざってしまう界面活性剤は使わない。

5、また、硫酸などの強い反応性をもつ成分が結合された界面活性剤は使用しない
(ラウリル硫酸ナトリウム、直鎖アルキル硫酸ナトリウムなど)

ということです。

この基準を適用すると、植物性やアミノ酸系でも、より安心なものを選ぶ必要がでてきます。
さらに、エテルノ社では、上記の基準に合格したものの中から、さらに

6、その中でも安全性の高いソフト成分を厳選して使用すること。

7、乳化ではく、ゲル化(高分子のジェルで油分を優しく細かく分散する)方法を取り入れること

でさらにソフト性を高めています。

という7つの部分が、大きく異なるコダワリの違いです。


界面活性剤には、1000種類以上あります。
分子の形もさまざまです。
でも、そのような専門的なお話しは、良さをわかりにくくするだけなので、
あえて、難しい話しはしていません。
しかし、単に植物性だからとか、使いやすいからという製造者側の安易な考えに満足せずに、
より安全でソフトなものを選び、より安全な方法で造り、本当に健康なお肌を保てる製品を作っていくことを
誓っています。

ゲル化 


加熱しない製造法

今、お使いの化粧品より、ソフトな製品があったら・・・。
今、お使いの化粧品より、さらに満足を実感できる化粧品があれば、そちらの方を使いたいと感じられる方は
多いと思います。

それなので、今までに何種類も化粧品を試されてきたと思います。
ただ、どれも似たような感じの化粧品が多かったと思います。
それには、訳があります。
今までの製造法は、原料を加熱せずには作ることができませんでした。

わかりやすくいえば、

「化粧品は、加熱しなければ作ることができなかったのです!」

作り方が違えば、今までとは違った感触のお化粧品を実感できるのでしょうか?

そうです。

エテルノ社で製造している化粧品は、お化粧品づくりの常識である熱を加える製造方法と 「 根本的に違う 」 
作り方
をしています。

それは、 

「 熱を加えない 」 のです!! 加熱しない!と言ってもいいでしょう。

今までの化粧品は、70℃以上の熱をかけて製造しています。
それは50℃とか、70℃以上でないと溶けない油を使用しているからです。

実は、熱をかけないことで製造すると3つのメリットが生まれます。

● 一つ目は、加熱しないと溶けない油を使用する必要がありません。お肌の温度は36度です。
お肌の上で、さらさらと流れるオイルを使用することができるという大きなメリットが生まれます。
さらさらと流れるようなオイルは、お肌の上でベトつくことがなく、自然な若々しい肌を実感することが
できるようになります。

● 二つ目は、このようなさらさらの流れるようなオイルをクリームにするときは、
ソフトな界面活性剤の使用でOKということです。
私たちの細胞は油の膜できています。細胞にとってよりソフトな成分でクリームを作れることはとても好ましいことです。

● 三つ目は、加熱しないことで有用成分も熱を加えずに新鮮な状態に保つことができます。
せっかく高価な有用成分を使っているわけですから、より新鮮な状態でご使用いただけるのが理想なわけです。

このように、化粧品を熱を加えないで製造することで、あなたのお肌のケアーに決定的なメリットを
お届けすることができるようになりました。

エテルノ社では、このような加熱の問題を専門家の協力により解決しました。
エテルノ社の化粧品は30℃以下の熱を加えない製造を行っています。
そして、これを実現するために新しい技術を取り入れています。

エテルノ社での製造方法は、「 加熱しない製造法 」です。

これを用いることにより、化粧品のオイル分に「サラサラ・オイル」のみを使用して造ることを可能にいたしました。

エテルノ化粧品に使用しているオイルは、お肌の上の36℃の温度で、
さらさらと流れる植物性の厳選したスクワランを使用しています。
この違いを実感していただければ幸いです。

これらを実現するためには、ソフトな製造法が必要でした。
これを可能にしたのが「ジェル化技術」です。

コットンが水分やオイルを吸収することができるように、
ジェル化の新技術を使用すると水分と油分を同時にクリーム化させることができます。

エテルノ化粧品は、この新しい技術を使用して、お肌にソフトで新鮮でさらさら感を実感!!
という困難な問題を解決いたしました。

熱を加えずに製造をすることで、有用植物エキス、有用成分を新鮮なままお届けできることが可能になりました。

余分な熱を加えることがないため、有用性がそのままです。

シャボン玉 

真空の製造方法

さらに、製造時に、酸素を混入させないため、
「 真空製法 」

で造っています。

これで酸素の混入による酸化を防ぐことができます。
油分や有用エッセンスの酸素による酸化を真空パックのように抑える製法をとっています。
すばらしい製造の方法と思いませんか?


防腐剤が不使用
弊社で販売している化粧品は、防腐剤を一切使用していません。

「えっ、防腐剤を使用せずに?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
昔から安全に食物を保存する方法として塩、砂糖、乾燥法などが使用されてきました。
これらは食物中の細菌や微生物による防腐の力を発揮します。

また、別の方法として、くん製、スパイス、発酵などが防腐する方法として使われてきました。
身近な例では、サンショ(ウナギの蒲焼)、ナンテン(日本料理の上の葉や箸として)、笹の葉(おにぎりを包む)、
ウコン(沢庵漬けの黄色)などに多くの自然の力が防腐として使用されてきました。

話はかわりますが、昔は、燃料に薪や石炭が使用されていましたが、いまは電気で賄(まかな)えるようになっています。
このように現代の科学技術の中には想像を超えるような安全性と便利さを実現している分野があります。

このことは防腐方法にも言えることです。いまの防腐法は長足の進歩をとげていて、
昔のように塩や抗菌剤を使用しなくても保湿成分などを使用することで細菌などの働きを止める安全な方法が
開発されています。
このような技術を使うことで危険性の高いと指摘される防腐剤を使用することなく衛生的に安心して
使用していただくことが可能となりました。

ただし、化学的な抗菌剤を使用したような強力な殺菌作用はありません。
そのため、エテルノ化粧品では、開封後、安全に使用していただける期間を3ヶ月とさせていただいております。

一見、短い期間のように思えますが、みなさんのお肌のことを考えた場合、最善の方法と考えました。
強力な抗菌剤の使用により開封後1年以上経過しても使用できる化粧品はみなさんのお肌の健康にとって
好ましくない
と判断した結果です。
ご理解をいただければ幸いに存じます。

クリーム 

3ヶ月間で使用できなかった場合
それでも、3ヶ月だと化粧品が使いきれない、とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
そんなときは、捨ててしまうのはもったいないものです。

そのようなときには、ぜひ首すじと手指にご使用いただきたいと思います。

お肌の衰えは 「顔」 と同じように、

紫外線やストレスに常にさらされる

「首」

「手」

に顕著にあらわれます。

お化粧品での手入れで、見落としがちな「 アゴから鎖骨 」

そして、「 指先から手首 」にかけてケアーをおこなってください。

この部分は、多くの方で、お手入れが十分でないため肌の衰えが進んでいることが多いと思います。
同性、異性を問わず、お肌をよく気にしておられる方は、

顔のお肌、

首すじのお肌、

指先と手の甲のお肌

を見る! というご意見をよく聞きます。

お肌は、紫外線、水道水、光や風に 常にさらされています。

特に、このことは、顔、首すじ、手指にいえます。

「 美しくありたい 」という想いは、すべての人に共通です。

日頃からがんばり続けている自分自身に対して「ちょっとしたご褒美」をあげることは許される行為です。

手遅れにならないうちに、いま、すぐ行動してください。

スキンケア 

使用成分について

ベジタブル・ウォーター

化粧品の処方において、また自然界の仕組みの基本においても、水はとても重要な役割を果たします。
水は単なる溶剤としてだけではなく、クリームと皮膚の共通な要素であり、有効成分との橋渡しの役目を担います。

今まで水は、化粧品処方の大半を構成するにもかかわらず、様々な処理をうけ、無機化されてきました。

そして、そのことはほとんど注目されることがありませんでした。

しかし、純粋で自然な水があるとしたら…。

そんな水が存在するのです。それは植物自体によって精製される天然の水 ベジタブル・ウォーターです。

植物は根から水と鉱物塩をとりこみ、その内部に貯えています。
植物には多くのビタミンや微量元素など様々な自然の水溶性成分に富んでいます。
また、いくつかの水分散性精油を含有することが分かっています。

 「香輝彩 モイスチャークリーム」には、蓮から抽出した水を使用しました。

また、華やかな香りのために、ローズ花水を配合しました。
通常の処方で使用される水(蒸留水、脱イオン水、など)ではない、自然の使用感を実感して下さい。

水 


オイル

オイルには、オリーブ・スクワランを使用しています。
スクワランはサメで有名ですが、魚臭さがあり、香料を添加しなければ、匂いが強くて使用できません。

そこで、研究者たちはニオイがないスクワランを探しました。
すると、植物の中、それもオリーブ油の中に0.01〜0.1%ほどの天然スクワランがあることが発見されたのです。

「香輝彩 モイスチャークリーム」には、オリーブ油1kgから わずか1gしか取れない貴重なオリーブ・スクワランを
オイルとして使用しています。

もちろん、加熱しないと溶けない固形油や石油系の油は使用していません。

オリーブ 

化粧品

ページトップへ